債務整理に個人再生を選ぶ利点

家庭の事情により借金が膨らんでしまい、借金の返済が難しくなってしまったけれど、苦労して購入した夢のマイホームを手放したくはないという方がおられるでしょう。
仕事は順調なので住宅ローンは問題なく返済できるけれど、それ以外の借金の返済は難しいというケースです。
こういったケースで法律事務所に債務整理を依頼すると、個人再生という方法で解決可能です。
自己破産は借金が全て帳消しになりますが、マイホームや土地などの不動産は没収されてしまいます。
個人再生は、不動産を所有したまま借金を整理できるので、マイホームを手放さずにすむのです。
この方法は、地方裁判所に個人再生による債務整理申し立てを行いますから、法律事務所に依頼するのが賢明です。
個人再生は裁判所での申し立て手続きや調停手続きを平日に行う必要があり、法律事務所に依頼すると、借金している本人が平日に裁判所に出向く必要がないのは、大きなメリットになります。
裁判所に新たな返済計画が承認されると、住宅ローン以外の借金が5分の1に減額されます。
かなり大幅に減額された借金は、基本的に最大3年間での返済です。
そのため、返済期間として承認される3年間は収入を得る見込みがあることが要求されます。
借金の総額が多い場合は減額幅が調整されますから、法律のプロである法律事務所に返済計画作成を依頼するほうが、裁判所で承認を受けやすいです。
個人再生は承認後に制約を受ける事がなく、今まで通りの生活が可能です。