過払い金返還請求について

債務整理が行われる際に、その目的の一つとなるのが払い過ぎた利息の返還請求です。
これを過払い金返還請求と言います。
なぜ過払い金が発生するのかというと、その理由はグレーゾーン金利にあります。
現在は貸金業法が改正されたことによって利息制限法を超える金利での貸し出しは違法な行為となりましたが、以前の消費者金融や信販会社のキャッシングでは利息制限法よりも上限金利が高い出資法に基づいた金利が設定されていたため、その結果として利用者が貸金業者に対して利息を払い過ぎてしまうという事態が起こってしまったのです。
過払い金の返還請求は現在返済を続けている借金についても可能ですし、既に完済している借金についても可能です。
現在返済中の借金がある場合には返還された金額を元本に組み入れるのが一般的で、これによって支払総額が大幅に減額できるので返済が楽になります。
ただし、完済した借金についての過払い請求では一つ注意点があります。
それは過払い請求には時効があるということです。
具体的には完済してから10年経つと時効が成立してしまうので、払い過ぎた利息がある方は急いで手続きを行いましょう。
さて、以前は過払い請求を行うとブラックリストに登録されてしまうことがありましたが、現在では基本的にブラックリストに登録されることはありません。
しかし、実際には過払い利息が発生していないにもかかわらず返還請求を行ったりするとブラックリストに登録されてしまうことがあるので注意が必要です。
自分に過払い金が発生しているかどうかは弁護士などに問い合わせれば調べてくれるので、確かめてから手続きを行うようにしましょう。